/

ウォーターサーバー用の水

ウォーターサーバー用の水


ウォーターサーバー用の水としては、RO水と天然水の2つがあります。

まず、RO水とは、採水した水にRO膜による濾過を施した水のことです。

RO膜は、Reverse Osmosisの頭文字を取ったもので、逆浸透膜とも呼ばれる一種のフィルターです。

極小サイズ(0.0001ミクロン)のフィルターで濾過することにより、水に含まれている不純物、細菌、重金属等が取り除かれて、限りなく純水に近い水になります。

そのため、RO水は、衛生面や安全性に気を使う人、小さな子供がいる人に人気があります。

ただし、RO膜処理によってミネラル分も除去されてしまうため、ミネラル分を後から加えて、味を調整するタイプもあります。

次に、天然水とは、必要最少限の処理しか行っていない地下水のことです。

天然水固有の味わいがあり、ミネラル分を豊富に含むことから、天然水を好む人は少なくありません。

ウォーターサーバー利用者は、個々の好みや目的に応じて、RO水か天然水を選んでいるようです。

関連記事


ウォーターサーバー利用のメリット

ウォーターサーバー利用のメリットについて、説明します。 主なメリットとしては、3つ挙げられます。 1つ目は、衛生的なこと、です。 ウォーターサーバーに用い...


AX